« 5/18 旅系HUTツアー | トップページ | 7/11 藪山登山 »

6/8 風と波まかせの旅

Img_3909_2

ただただ、いい波を追いかけながら、西へ。

完全なノープランに付き合ってくれる暇な友達も居なくて、一人旅になってしまいましたが、、、

サーフィンの師匠を訪ねたり、偶然再会したり、新しい出会いがあったりで、一週間どっぷりサーフィンできました。

Img_3902

徳島からスタート。

この冬はパウダーが盛り上がった分、サーフィンは少なくなってしまいました。

それでも体力維持の為に月2回はやってましたが、冬の日本海に揉みくちゃにされてないので、いい波を見てもちょっと不安。

Img_3894

巻かれると結構激しそうです。

P6090553

しかし、乗ってみると「サーフィンってこんなに簡単だったっけ?」と思えるファンウェーブ。

一気に不安は吹っ飛びます。

P6090555

しかも最初10人以上いたサーファーが干潮を境に2人になって乗り放題に。お互いニコニコでたまりません。

Img_3932

冬はコルチナで滑りまくっていた二人に会いました。夏は四国で波乗り三昧だそうです。

Img_3920

夕方一緒にサーフィン。しかしここはちょっとラッシュアワー。一波ごとにキッチリプロ級の人が乗ってきて余った波がありません。

しばらく見学して、日が傾きかけてからやっと楽しむことができました。

Img_3940

昨日はワールドクラスのチューブを巻いていた、という高知の河口は翌朝はもうフラット。

ウネリの方向が真東に変わったので、さらに西へ向かうことにします。

ここから先は自分にとって初めての海岸線。

Img_3945

準備オッケーです。スペシャルなヤツお願いします

Img_3957

四万十へ

素晴らしいロケーションに圧倒されて、どんな波でもサーフィンしたくなります。

P6110656

青い海と緑の森。

大自然に囲まれてのびのびサーフィン。

Img_3973

午後にはオンショアが吹き始めたので更に西へ。

山が風をさえぎって、絵に描いたようなサーフィンビーチ。

Img_3984

あまりの南国らしさに、思わず海パンでサーフィンしました。(すぐに降参してウェットスーツに着替えました)

Img_3988

夕日を眺めながら足摺岬に向けてドライブ。

Img_3991

もう夕暮れだというのに、瀬には磯釣り師が釣りに熱中してます。ピチピチと釣れているのが崖の上の灯台からでも見えます。

なんでも、あの人達はこのまま夜釣りをして、夜中はセルフビレイをとって寝るそうです。

恐るべし趣味の世界ですねえ。

Img_4000

低気圧が近づいてグチャグチャの海になってきたので、更に西へ。

フェリーで九州へ渡ります。

Img_4007

太平洋は時化て、この日のサーフィンは半ば諦めていたのですが、クネクネの峠を越えて一つ一つの湾を丹念に見て回ると、風を交わしてシェイプされたウネリが届いていました。

感激の1ラウンド。

Img_4020

そして湾の反対側には更にパワフルなブレイク。

Img_4040

見つけてしまいました「感動の波」

Img_4041

ごく普通の梅雨入り南岸低気圧でこの調子ですから、台風のうねりが届いたらもうジェフリーズベイのようなことになるんじゃないかと。

Img_4058

さて、明くる日はまたウネリが真東に向いたようです。

地図とコンパスでダイレクトにウネリの届きそうな湾の地形を入念にチェックして、

Img_4061

道路から見えない気になる所は、トレランシューズに履き替えて岬を越えてチェックに。もしかして、あの向こうにいい波があるかもしれませんから。

鹿がピーピー鳴いて一人では心細かったりしますが、先日の磯釣り師を思い出して、趣味の世界を楽しみます。

Img_4053

ま、こんな風に、誰も居ない入り江にハマユウが一輪咲いていました。っていうことになるのがオチですが。

Img_4071

ありました。無人島の岬の角っこに規則正しくブレイクしているような波が!!!

地図で計ると漁港から2.5キロ。うーん、泳いでいけない距離ではないけど、この辺りは干満差が大きくて流れが速いし、しかもあの波がどれくらいの大きさか、ここからではよく解らない、、、どうしよう。。。

P6140727

1時間ほど指をくわえてウロウロしていると、サーフボードを持って漁船に乗り込もうとしている楽しそうな二人組が、

「あの島へ渡るんですか?」「サーフィンするの?一緒に乗る?波良さそうよ」

なんという幸運。大慌てで思いつく荷物をBAJAバッグに詰めて便乗。ありがとうございます!

P6140666

イェーイェーイェーイ

200mくらいのロングライドでファンウェーブを貸切で。

P6140670

「イェーイェーやり過ぎとったら巻かれてもうた。今度はマジメに乗ろ」

P6140672

って言いながら、そういうサーフィンが最高

P6140732

イェイェイェーィ

初めて会った瞬間から、友達のように遊んでくれてありがとう。

思い出に残る楽しい1ラウンドになりました。

beerma

|

« 5/18 旅系HUTツアー | トップページ | 7/11 藪山登山 »

ma」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

すごー
とても日本とは思えないトリップですね!
いやーうらやましい。。。
しかし、波がかなり大きいっすね~

投稿: きゃのう | 2010/06/21 12:37

いやあ、一緒に行きたいですねえ。
だいたい波って一人で気ままに走るとすんなり当たって、日や場所を決めて約束したりすると予想通りにいかなかったり。
また近々東のほうへ出掛けるので、(突然になると思いますが)付き合ってください!

投稿: 楽P | 2010/06/21 21:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1227544/35327447

この記事へのトラックバック一覧です: 6/8 風と波まかせの旅:

« 5/18 旅系HUTツアー | トップページ | 7/11 藪山登山 »