« 9/18 白馬トレラン大会 | トップページ | 10/14 秋の山へ »

9/24 猛者トレラン!信越五岳110km

Imgp1588

いよいよトレラン強化週間も佳境に入り、

斑尾・妙高・黒姫・戸隠・飯綱と新潟県から長野県をまたいで5つの高原を縫うように繋いで走る、全長110km、登り合計4600m、制限時間22時間の超ロング大会のスタートラインに、大きな故障なく辿りつきました。

この見渡す限り緑の大地の端から端まで、この写真に収まりきらない3倍くらいのエリアを一気に走っていきます。

Imgp1575

8か所のエイドステーションで美味しい物が食べられると言う事で、持ち歩く食料は出来るだけ少なめに。前半は心のゆとりの為にハニースティンガー、後半は未体験ゾーン突入に備えて一番頼りになるSHOTZを用意しました。足が攣らないと言われるエレクトロライトはタブレットで携帯して各エイドで水を補給しました。

Imgp1577

靴は今まで履いていたモントレイルがくたびれてきていたので、今回の長丁場に備えて一つ大きいサイズにバトンタッチしました。実測26.7cmの足にUS10(28cm)の靴、これで丁度良かったです。

どうせ履きかえるなら今度はスポルティバのラプターにしようと思っていたのですが、試走する時間がとれなかったので、いざ前日になってみてやっぱり履きなれた安心感から同じ靴におさまりました。その名もマウンテンマゾヒスト、今回の旅はもっとお手柔らかにお願いしたいところ。

Imgp1578

朝5時半、スタート地点に集まった約600人は右を見ても左を見てもモサばかりで圧倒されました。しかしこの大会はハセツネのような自分の力で山を踏破する強さ比べとは違って、エイドやサポートを最大限利用して「気持ちよく」110kmランを楽しむアメリカ流のファンレースだと聞いています。

Imgp1582

朝陽の中、斑尾スキー場のゲレンデをゆっくりしたペースで流れていきます。

実際、招待選手のジェン・シェルトンさんなんて、ビキニ姿で手にボトルだけ持って、ちょっと近所のビーチをジョギングみたいな軽装で、気軽に110km走ってしまったそうです。

妙高高原町の動画から

サーフィンのように、よりシンプルな気持ちよさを求める自分にとって、これこそ憧れのスタイル。

Imgp1583

さて、どんな一日になるのでしょうか。なるようにしかならないんで何でも来いです。

Imgp1584

10キロ。確かにいくらでも走っていけそうな快適な道、半分以上はこんな感じの緩やかな気持ちいいトレイルです。

Imgp1593

30キロ。こんなにユックリでいいのかな、というくらいの快適なスロージョグで。今日は一日ジョギング三昧になりそうだ、と思いながら慌てず進みます。

Imgp1596

50キロで7時間半。まだまだ余裕、まだ前半だし。後半に入ればペース上げていこうかな、なんて甘い事を考えていました。

Imgp1597

60キロ。黒姫高原から笹ヶ峰へ向かう長い登りは、10km毎の表示を見落としたかと思うほど長く感じられました。ちょっと疲れてきたかな、でもますます森が深くなっていって気分は盛り上がります。

Img_1604

66キロ。笹ヶ峰では家族のサポートでカップヌードルとおにぎりでゆっくり休憩して、これまで10時間の疲れをリセットしました。

Imgp1598

これまでもこれからも素晴らしい道を繋げたこのトレイル、その何倍もあらゆる道を踏査した中で、いい部分をピックアップして繋がった、そんなスタッフの熱意と苦労が伝わります。

ダムの向こうに雪の時期にお馴染みの三田原山。さあこれから第二部、残り44kmのスタートだ。

Imgp1599

と、気分を新たにスタートしたのも束の間。

70キロ。相変わらずいい道ですが、足のほうがどうやら楽しく走るという状況ではなくなってきました。この後、黒姫の大ダルミ峠を越えてからはこれまでごまかしてきた右膝の痛みが、どうやら本物だと認めざるを得なくなりまして。

Imgp1601

80キロ。スタートから12時間、夕暮れの古池で足がよろめいて池に落ちそうなのでライト点灯。これでは来週いい波が来てもサーフィンできないなんて事が心配になってきて、この次のエイドではついに膝にテーピングをお願いしました。結局20分で剥がれてしまいましたが。。。

Imgp1602

霧の戸隠高原遊歩道。道が良いせいか、ナイトランになって気分が盛り上がってきたせいか、さっきの痛みは忘れて足が勝手に走り始めました。頑張って走るのでなく、気持より先に足が走っています。これは正に未体験ゾーンです。

Imgp1613

90キロ。偶然、友達がコース誘導していてビックリ。戸隠エリアに入って走りに走って盛り上がってますから、4U(余裕)サイン出してしまいました。

しかしこの後、当然の結果として撃沈。

Imgp1614

瑪瑙山の登りで汗をかいてウインドブレーカーを脱いでしまい、山頂で体を冷やしてからの下りで、完全に右膝が悲鳴を上げました。完全に失速して、100キロ看板はまだかまだかとヨタヨタ歩き、これはきっと看板を見落としたなと思ってから1時間も歩いてようやく。

マウンテンマゾヒストというこの靴のネーミングが骨身に染みて笑えます。

最後の林道は平坦なので歩くわけにいかず走り、走ってるくせに7キロを1時間15分かかりました。ついに、治っていたはずの6月に脱臼した指の付け根も痛くなってしまって拷問でした。日頃の色々な事を全て謝り、早く終わらせて下さいと懺悔しました。

Imgp1616

0時10分前、

一旦ゴールを通り抜けて、一段下の駐車場に我が家のハイエースを見つけヨロヨロと階段を下り、「遅くなってゴメン」と熟睡中の家族を起こし、足を引きずって階段を登り返して、再度ゴールに戻ってから、フィニッシュ!パチリ。

結婚21年ですから、そんなもんです。紙吹雪でもシャンパンでもなく、ファブリーズ・シュッシュッ(みたいな)

18時間19分、141位。結果だけだと「並のモサ」くらいに入れてもらえたかに見えますが、最後に完全に打ちのめされたので猛者検定失格。ビールも要りません、アイシングだけが欲しかった。その時は「こんな事、二度とやるもんか」「何回も出る人は、ゴールの瞬間が嬉しいとか言ってるけど、本当は苦しい事が好きな変態だ」と断言しましたが、3日経って痛みが消えてくると、色々と今回の反省と次の作戦を立ててしまうのでした。

ちなみにビキニでHelloのお姉様は12時間9分で、明るい内にさも近所を一周してきたような感じでゴールしたそうです。

beerma

|

« 9/18 白馬トレラン大会 | トップページ | 10/14 秋の山へ »

ma」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ロングトレイルお疲れ様でした!141位は並モサではなくて上モサですよ~ 来年もモチロン出るんですよね?応援行けるようにしまッス!

投稿: 田仲 | 2011/09/28 09:22

いやあ、タイムよりも最後にヘロヘロにやっつけられたのがいけませんわ。2回目は作戦でクリアできそうな気がするんでもう一回やってみますか!

走ってる時は、二度とやり直しはしたくないと思って、止めずに最後までやったんですけど。

しかし、次は今年エントリーで出遅れた佐渡トライアスロンをどうにかリベンジしなければ。宿題ばっかりたまりますわ。

投稿: 楽P | 2011/09/28 19:00

懺悔の長旅お疲れ様でした。
散々痛めつけられても楽しそうに見えますよ。
来年もモチロン出場ですね。
その前に佐渡も忘れずエントリーを。

投稿: 新米杜氏 | 2011/09/29 06:15

ひと月にダブルのオシオキは恐怖ですわ。「高い参加費払って他にもっと楽しい事ないの?」と言われるに決まってます。

佐渡(S)と信越110(M)で相当楽しい事になるかな?佐渡と言っても参加するほうは結局Mで、足してもドMになるだけ!?

投稿: 楽P | 2011/09/29 15:17

白馬に続き110㎞お疲れ様です。しっかり完走。いや〜お見事です。白馬ミドルをラッピーfanでした

投稿: 南 | 2011/10/05 09:11

白馬トレランも楽しかったですね。これで冬のテレマークの仕込みはバッチリですね。

投稿: 楽P | 2011/10/05 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1227544/42074835

この記事へのトラックバック一覧です: 9/24 猛者トレラン!信越五岳110km:

« 9/18 白馬トレラン大会 | トップページ | 10/14 秋の山へ »