« 3/11 野沢から妙高・白馬 | トップページ | 4/6 山岳スキーレース »

3/24 北斜面を粉雪ハシゴ

Img_8107

名残惜しいパウダーを求めて大渚山から真那板山へ。

尾根続きで縦走もできますが、せっかくなので北斜面のいい雪を滑って登って、5回戦!

 

Img_8165

この春、手を付けてはいけないと思っていた道具をGETしてしまいました。

ScarpaエイリアンとElanトリグラフ。ブーツとスキーとBINで1900g。

Img0677_2写真NDKさん

せっかくパウダーだから太いスキーで気持ちよく滑りたい気持ち半分。でもテスト。

これだけ軽ければ大渚山は1時間くらいで登れるのかと思いきや、ヒールサポートも無く、スキーは最近忘れていた沈み方だし、なかなか手こずりました。

Img_8121

北面は予想通りのドパウダー、

でしたが、最初の3ターンで顔面から雪に刺さり、スキーは簡単に外れて、本日終了が頭をよぎります。

 

Img0662写真NDKさん

幸いスキーは簡単に見つかり、

いい雪を恐る恐る、スキーの基礎を思い浮かべながら慎重に。

 

Img_8140

鹿島のMOCHIさん

Img_8144

猟師のKTMさん。

 

Img_8192

鞍部まで登り返して、大渚2本目の北斜面。

 

Img_8216

標高1000m手前で雪が悪くなるので、また登り返し。

 

Img_8226

3本目は沓形山の北面。

 

Img_8238

また登り返して、跡杉山。

右の奥が大渚山です。だいぶん来ました。

 

Img_8245

雨飾山を正面に見て。広い斜面は風に当たって難しそうに見えましたが、

 

Img_8254

ここもバッチリいい雪。

 

Img_8280

軽いElanなのに、太いVoileと登るペースは同じ。

 

Img_8283

軽さのアドバンテージは何処へ???軽けりゃ楽ってもんでもないと言うわけ。

 

Img_8288

真那板山から5本目のパウダーラン。NDKさん。

 

Img_8296

最後は日本海に向かって。

Img712写真NDKさん

私もさすがに細板もだいぶん慣れてきて楽しめるようになってきました。

 

Img_8319

もちろん締めはベタベタ雪。標高400まで気持ちいいダウンヒルでした。

beer

|

« 3/11 野沢から妙高・白馬 | トップページ | 4/6 山岳スキーレース »

ma」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1227544/55607845

この記事へのトラックバック一覧です: 3/24 北斜面を粉雪ハシゴ:

« 3/11 野沢から妙高・白馬 | トップページ | 4/6 山岳スキーレース »