« 4/6 山岳スキーレース | トップページ | 4/16 東北トリップ »

4/7太板から4/12細板

Img_8752

大会の日は吹雪で何が何だかわからない滑りだったので、翌日月曜の朝はマッタリとパウダーランを味わいに。

Img_8711

幸靖さんと

 

Img_8694_2

締めのパウダーになるかもしれないということで集まった皆さんは、

 

Img_8698_2

スノーボーダーのMakkoさんBanya skiで美しい滑り、

 

 

Img_8740

いつも「これで最後」と毎回言ってるようなバンヤさん。

 

Img_8761

こちらは足先がニャンと

 

Img_8763

バンヤクラフトの新作「黒田さんちの黒猫」でした。

 

Img_8899

さて、中途半端なベタ雪を過ぎて5日も経つと、粉雪はザラメ雪に変わり、

土曜日は春らしく細板ツーリング。

 

Img_8823

CLIF BAR をポケットに入れて、

BCクロカンではなく、モノホンクロカンで。

 

Img_8791

登りもスケーティングでぐいぐい走ります。

 

Img_8812

ライチョウの団体

 

Img_8800

この一固まりに3羽、右のほうにも3羽4羽、、、

 

Img_8801

そろそろバラバラに縄張りを持って山に散って暮らす頃だと思いますが、冬は森に集まって過ごすそうで、大きなライチョウが団体でウロウロしているのは珍しい。。。

 

Img_8832

極上ザラメを期待して、展望湿原から猿倉方面へ滑ろうかと思いましたが、

 

Img_8838

クラストでした。ディメンションが45-45-45なもので。

 

Img_8852

50m毎に顔から突っ込んで、山越えツアーどころではありません。

 

Img_8866

おーっとっとっとっ

引き返します。

 

Img_8869

七転八倒祭りのあと、雪もだんだん滑りやすくなってきて、

 

Img_8893

野山をスイスイと抜けて行く、クロカンの醍醐味。

 

Img_8904

ターンも決まるようになってきました。

 

Img_8919

標高を下げるにつれ快適ザラメ。滑り初めは半泣きでしたがご機嫌で終了!

 

Img_8820

バックカントリーは随分ポピュラーになったけれど、この遊びに付き合ってくれるのは娘しかいません。

愛好者募集中。マイナーな分野ですが、笑いと涙がいっぱいの結構エキサイティングで感動のツーリングがお手軽に楽しめます。

beer

 

|

« 4/6 山岳スキーレース | トップページ | 4/16 東北トリップ »

ma」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1227544/55879961

この記事へのトラックバック一覧です: 4/7太板から4/12細板:

« 4/6 山岳スキーレース | トップページ | 4/16 東北トリップ »